現在位置:
日本郵政ホームの中の
東京2020への取組の中の
注目選手インタビューの中の
注目選手インタビュー Vol.3 (落合 知也選手)

注目選手インタビュー
Vol.3 (落合 知也選手)

東京2020に向けて日本郵便が注目する選手をご紹介します。
3人目は、東京2020オリンピックから新種目として採用された3x3バスケットボールの國內ランキング1位、日本代表候補選手として活躍を続ける落合知也選手です。

落合 知也(おちあい ともや) 3x3バスケットボール(男子)

落合 知也(おちあい ともや)
生年月日 1987年6月18日
出身 東京都
所屬 越谷アルファーズ/TOKYO DIME.EXE
ポジション F(フォワード)
身長/體重 195㎝/95kg
経歴 9歳からバスケットボールを始め、小學校?中學校?高校と全國大會に出場。法政大學在學中には全國大會2位、U-24日本代表候補に選出されるも、卒業後は競技生活から離れ、モデルの道へ。しかし、親交のあった先輩から、ストリートバスケに誘われたことをきっかけに3x3バスケットボールに出會い、バスケ熱を取り戻し競技生活に復帰。2014年から日本代表に選出され、2018年にはアジア大會で銅メダルを獲得。

Q:一度バスケットボールから離れ、その後3x3バスケットボールを始めた経緯を教えてください。

A:大學卒業後の進路を考えたときに、當時はバスケットボールだけでは生活できないという不安な思いと、ずっと部活漬けで「やらされるバスケ」をしてきたことで気持ちが冷めてしまい、続けていくモチベーションが保てなくなってしまったんですよね。そこで、全く違う世界も見てみたいという想いもあり、以前から憧れていたモデルを目指す中、先輩からの誘いでストリートバスケに出會ったんです。正直、「遊びのバスケ」くらいの感覚で參加しましたが、選手たちの意識やスキルの高さに衝撃を受けて、次第にのめりこんでいくようになりました。ストリートのイベントは人前で開催されることも多く、自分のプレーでお客さんが喜んでくれるというのがとにかく嬉しかったです。そこで、ストリートが発祥の3x3バスケットボールに出會えたことが自分自身のターニングポイントでした。學生時代に5人制で身に著けた技術と、目立ちたがり屋な面の両方が発揮できる3x3バスケットボールは、自分にはぴったりな競技だと思っています。

Q:競技生活を続ける中で、3x3バスケットボールが東京2020オリンピックの新種目に採用されたと聞いたのですね。

A:以前から採用されると噂で聞いていたものの、実は発表の直前まで疑っていました。本當に採用されたと知ったときは喜びもありましたが、日本代表に選出されて、オリンピックのコートに立ちたいと強く思い、すぐに気を引き締めました。

Q:新種目なので見たことがない人も多いと思います。注目ポイントを教えてください。

A:まず5人制のバスケットボールと大きく違うところは、半分のコートでリングが1つということです。そのため、攻守の切り替えが早く、スピーディーな展開を見てほしいですね。また、選手同士の體のぶつかり合いも激しく、その迫力を楽しんでもらえると思います。
試合時間は10分間、21點先取(ライン外側のシュートは2點?內側のシュートは1點)と、同じバスケットボールでも5人制とは全く違う競技ですし、DJやMCが會場を盛り上げていて、初めて観戦する人でも楽しめる種目なので、ぜひ會場に足を運んでいただきたいですね。

Q:東京2020大會で世界の強豪と戦う上で、日本代表チームの強みは何でしょう。

A:外國のチームと比べて、日本チームは體格が大きかったり、個の力が強い選手がいない分、チームの連攜を強みとしています。ルール上、試合中に監督やコーチから指示を出すことができないため、コートにいる選手4人(1人がベンチに入り試合中自由に交代ができる)がしっかりとコミュニケーションを取る必要があることから、チームワークを大事にしています。また、2ポイントシュートをしっかり決める、ミスなくプレーするというところも日本チームの強みです。

Q:落合選手のプレーはどのような特徴がありますか。

A:オールラウンドに色々なプレーができることを一番得意としています。外角からの2ポイントシュートを高確率に決めながらも、體を張って外國人選手に當たり負けしない泥臭いプレーもできるのが自分の強みです。また、勝負を左右するような、いわゆるクラッチタイムという局面で、自分がシュートをして試合を決めるぞ!というメンタリティの強さも持ち味としています。

Q:東京2020大會では日本を含め8カ國がメダルを競います。ライバルは?

A:「3x3バスケットボールの國別ランキング1位はセルビアなので、セルビアが金メダル有力候補と言われています。中でもDusan Bulut選手(個人の世界ランク1位)は、3x3バスケットボールが競技化された第1回の世界大會(2012年)から出場を続けている選手で、日本が世界大會に初出場した2回大會(2014年)から僕も何度も世界大會で顔を合わせているので、僕が日本代表に選ばれ、東京2020の舞臺で対戦することができたら、とてもストーリーを感じます。今まで日本代表はセルビアに勝ったことがないので、東京2020オリンピックでセルビアを倒したいですね。

Q:今後の目標を教えてください。

A:まずは、東京2020オリンピックのコートに立つためにトレーニングを続け、日本代表に選出されること。選ばれたら、金メダルを獲得することが最大の目標です。そして、その先のパリ2024オリンピックも目指していますし、體が動かなくなるまで競技を続けていきたいです。その背景には、子どもたちの夢を作っていきたいという思いがあります。僕が東京2020大會やその先も結果を殘すことで競技が普及し、3x3バスケットボールのプロになりたい!という子が一人でも多く出てくれば嬉しいです。そして將來は、そのような子どもたちを教えたり、プレーできる場を作ってあげることをプロジェクト化して実現したいと考えています。

Q:ご自身の競技のほか、東京2020大會で楽しみにしている競技はありますか。

A:陸上競技の100mや水泳など一瞬で決著がつく競技を特に楽しみにしています。バスケットボールはチームプレーですし、決められた時間の中で、點數で勝敗を決めますが、個人技かつタイムで勝負がつく競技は、そこに懸けるメンタリティがバスケットボールとは違うと思うので、とても興味がありますね。

Q:郵便にまつわる思い出があれば教えてください。

A:実は、バスケットボールを始めたきっかけが、同級生からもらった1通の手紙でした。ラブレターだと思ってわくわくして開けたらバスケットボールの誘いだったので、そのインパクトが大きかったです。あの手紙がなかったら僕は野球をやっていたところでした(笑)
今はSNSなどデジタルでなんでもやり取りができますが、文字を書くということはすごく気持ちが伝わると思うので、ぜひ、はがきに応援メッセージを書いて送っていただけたら嬉しいです!みなさんの応援を力に目標に向かって頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします!