グループ?ガバナンス

日本郵政グループは、グループ各社がコーポレートガバナンス體制を構築するとともに、日本郵政株式會社が持株會社として以下の態勢でグループ経営に臨むことにより、グループ全體としても適切なガバナンスの実現を図っています。

1.基本的な考え方

日本郵政株式會社は、日本郵政グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の創出のため、次の考え方を基本としてグループのコーポレートガバナンス體制を構築してまいります。

  1. 1.
    郵便局ネットワークを通じてグループの主要3事業のユニバーサルサービスを提供することにより、安定的な価値を創出するとともに、お客さまにとっての新しい利便性を絶え間なく創造し、質の高いサービスの提供を追求し続けます。
  2. 2.
    株主のみなさまに対する受託者責任を十分認識し、株主のみなさまの権利及び平等性が適切に確保されるよう配慮してまいります。
  3. 3.
    お客さま、株主を含むすべてのステークホルダーのみなさまとの対話を重視し、適切な協働?持続的な共生を目指します。そのため、経営の透明性を確保し、適切な情報の開示?提供に努めます。
  4. 4.
    経済?社會等の環境変化に迅速に対応し、すべてのステークホルダーのみなさまの期待に応えるため、取締役會による実効性の高い監督のもと、迅速?果斷な意思決定?業務執行を行ってまいります。

また、日本郵政株式會社は、グループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のため、コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方とその枠組み、運営に関する「日本郵政株式會社コーポレートガバナンスに関する基本方針」を定め、コーポレートガバナンス體制を構築しております。

2.機関設計

日本郵政株式會社は、以下の観點から「指名委員會等設置會社」を選択しております。

  1. 1.
    経営の基本方針の策定等の特に重要な意思決定及び監督とその決定に基づく業務執行とを分離し、経営の機動性を高めるとともに、取締役會によるグループの経営監督體制を構築する。
  2. 2.
    獨立役員を中心とした取締役會並びに指名委員會、報酬委員會及び監査委員會の3委員會の機能発揮により、社外の視點を経営に十分に活用するとともに、経営の意思決定の透明性及び公正性を確保する。
  3. 3.
    すべてのステークホルダーのみなさまに対して、適切に説明責任を果たし得るコーポレートガバナンス體制を実現する。

3.內部統制

日本郵政株式會社は、日本郵政グループの経営方針に則り、業務の健全性?適切性を確保するための態勢の整備に係る「日本郵政株式會社內部統制システムの構築に係る基本方針」を定めるとともに、コンプライアンス、內部監査、リスク管理、情報セキュリティなどの內部統制について、グループ協定等を締結することによりグループ各社に態勢の整備を求めています。

また、グループ各社から報告を求めることにより、適切な運営が行われているかを常にモニタリングし、必要に応じて改善のための指導を行っています。

4.グループ運営態勢

1.グループ協定等の締結

日本郵政株式會社は、日本郵便株式會社、株式會社ゆうちょ銀行及び株式會社かんぽ生命保険とグループ協定等を締結し、グループ共通の理念、方針、その他のグループ運営に係る基本的事項について合意しており、これによりグループ各社が相互に連攜?協力し、シナジー効果を発揮する體制を構築しております。

また、グループ全體に重大な影響を與える事項や経営の透明度確保に必要な事項については、日本郵政株式會社が個別の承認?協議又は報告を求めることにより、グループ?ガバナンスを確保しております。

2.グループ運営會議

日本郵政グループ協定に基づき、効率的かつ効果的なグループ運営を推進するため、グループ経営に関する重要事項を課題ごとに議論し、グループ會社の経営陣の認識の共有を図る場としてグループ運営會議を設置しております。

関連情報